住宅の模型とカレンダー

足を運ぶ

現場へ足を運ぶことのメリット

注文住宅の購入において住宅を設計するのには何度も何度も商談を重ねるのにいざ図面ができて工事が始まってからは現場に足を運ばない施主の方が非常に多いのです。注文住宅のメリットの一つに建築中の自宅を観察できるということも含まれるのです。建売ではその様子を確認することができません。もちろん平日は仕事で足を運べないという理由で行けない人も多いですが、中には会社を休んで現場を見に来ている方もいます。棟上げなど住宅建築において特別な日は会社を休んででも見に来ているのです。 無理に会社を休んでくる必要はありませんが可能であれば一生に一度の体験なので現場へ足を運ぶことをお勧めします。特に棟上げの日は普段はその住宅で作業をしない人も応援として呼んで大人数で工事を進めます。朝と夕方では家の姿が全く異なり見ているだけでも面白いと感じることができます。

現場訪問は職人の仕事の姿勢にもかかわります

注文住宅を提供している多くの会社は下請け業者に工事を依頼します。下請け業者からすると他社と価格面や技術面で競争する必要はないのです。ですからどうしても単調な作業となってしまうのです。ハウスメーカーなどは注文住宅とはいえその仕様がほぼ決まっているので職人の作業も単調になりがちなのです。施主が現場に足を運ぶことでより丁寧な仕事をしなければという思いを持つのです。さらに棟上げの日は棟梁と呼ばれる大工工事で中心となる人物は他の作業員とは離れて指示を行っている場合も多いのです。ですからより棟梁と関係が作りやすい日といえるのです。こうした現場の作業員と話すことで職人と関係を構築することができます。お得な情報が聞けるだけではなく職人側の仕事への姿勢もより良いものになリ安いのです。職人とはいえ人間ですからそこに住む人、この仕事を依頼した人の顔が見えることでより丁寧な仕事ができるのです。 その際もちろん手ぶらでも構いませんが、職人に話しかけづらいという方はコーヒーなどのちょっとした差し入れを持っていくことで話をするきっかけになります。

ピックアップ

情報収集

住宅を購入するというのは、人生で何回もあることではありません。ですから、購入する時には多くの人が住宅購入に対して知識が無い状態です。そのため、注文住宅を建てる場合は、情報収集が大切になります。

詳細を確認する

優良な物件が豊富

個人で不動産を購入する他に、上場不動産投資信託を利用して不動産投資を行う方法もあります。初期投資を抑えられる上、上場不動産投資信託で扱われる収益不動産の中には優良な物件が数多くあるため、人気があります。

詳細を確認する

工務店に依頼する

注文住宅を建てるなら工務店に依頼するのも一つの手です。工務店は迅速に対応してくれ、アフターケアもよく、意見を聞いてくれる確立が高いです。土地柄を詳しく知っていることが最大の魅力です。

詳細を確認する

Copyright© 2015 快適ライフを送るために|住まいと資産運用のための不動産 All Rights Reserved.